クリニックの意味と使い分け

クリニックは診療所として考えれば良い物です。そもそも医療機関では病院と診療所と区別するようになっていて、これは病床つまりベッドの数で区別するようになっています。診療所は無床つまりベッドがないところ及びベッドの数が19床以下の診療所が該当します。一方、病院はベッドの数が20床以上の医療機関が該当するわけです。このように意味が全く異なるものですが、病院であってもまれにクリニックと称することがあり得ますので、注意が必要です。その医療機関のホームページなどからベッドの有無などを確認をしてみることが良いでしょう。

知らなかったクリニックの意味

一般的にクリニックの意味を知っている人は大多数いることでしょう。 診療、治療を行う場所のことであり、医療行為をする場所といった意味です。病院と違うのは入院ができる床数や環境が少ない、または存在しないかどうかになります。小規模の施設の時に付ける名称となっています。ただ、美容のための施設などの病気の治療とは関係ない場合もクリニックの名称がついていますが、それは医師が開設する場合でなくとも使っていいというルールがあるからなのです。自治体ごとに禁止されている場合もありますが、基本的には自由につけられます。

↑PAGE TOP