面接の自己紹介も練習が大事

自己紹介などの面接時の練習は高校などで行われています。
もちろん、練習をしておけばその分だけスムーズな受け答えができます。
面接で聞かれることはある程度予想できます。
それぞれでどのように話すかを決めておけばいいだけです。
自己紹介、自己PRは自分なりに文章を考えておかなければいけません。
その場ですっと言葉が出てくる人などいないでしょう。
ただ、あまりにも模範解答のような言葉にする必要はなく、自分の言葉でPRの文章を作っておきましょう。
そして、練習ではそれをしっかりと読んでください。
頭の中で考えることと言葉に出すことは全く違います。
緊張してしまうことを想定して、予行練習をしておけばいいのです。
面接で緊張しない人はいません。
周りの人よりもうまく話そうと考える必要もありません。
面接官は多くを期待しているわけではないでしょう。
ただ、相手の目を見てはっきりした言葉で話す態度が重要です。
実際問題として自己紹介の中身はあまり関係ないかもしれません。
質問の中には志望動機を述べてくださいと言う定番があります。

この回答で面接官は何を期待しているのでしょうか。
相手が期待していることをしゃべる必要はありません。
ただ、会社に入れば上司となる人に対して、どのような態度を取るかを見せられればいいでしょう。
自分なりに面接の意義を考えてみましょう。
面接官の前で緊張する練習をしておけば、本番の時に落ち着くことができるでしょう。
手本となる回答集はネット上にもたくさんあります。

面接の自己紹介のコツ

就職の面接では自己紹介をすることが多いようです。
当然のことですが、自己紹介のために事前に準備しておくことが大切です。
どのようなことを話すのかをしっかりとリハーサルしておきましょう。
時間にして数分ですから、あまり突っ込んだ話はできません。
自己紹介の中にPRする部分も織り込みましょう。
ただ、PRをあまり前面に出すと嫌味にも聞こえてしまいます。
面接で受けの良い自己紹介のコツを考えてみましょう。
面接の時の自己紹介は、本当に紹介しているわけではなく、その話し方や話す内容がチェックされています。
もちろん、緊張していますから、スムーズな話し方ができる学生はほとんどいません。
上がってもいいですから、はっきりした口調で話すことが大切です。
数人が同時に面接を受ける時には、前の学生がうまくしゃべってしまうとそれがプレッシャーになります。
負けないように自分も話そうと考えてしまうと、頭が真っ白になってしまいます。
人と比較する必要はありませんし、真似をする必要もありません。
自分のことを話せばいいからです。
学校で学んできたこと、経験したことを素直に話しましょう。
特別なことでなくてもいいでしょう。

入社したら頑張りますと言えばいいのです。
多くの学生は自分の経験を会社で役立てたいと思っていますが、現実問題としてそのような経験はほとんど役に立ちません。
入社してからの経験が重要なのです。
必要以上に笑顔を作らなくてもいいでしょう。
ニコニコし過ぎると印象が悪くなります。

更新履歴